USキーボードでATOKを使うために設定したショートカットキー

スポンサーリンク

概要

日本語の入力に特化したIMEにATOKがあります。

しかし日本ではあまり使われていないUSキーボードで使うには微妙に使いにくいところが多く、いくつか設定をして使っています。

ここでは、私がATOKに設定した内容について紹介します。

スポンサーリンク

環境

  • Windows 11 21H2
  • ATOK 32.0.2
スポンサーリンク

設定について

今回の設定をする前に、前提条件について説明します。

私の環境では、Windows 11でATOKを利用しています。さらにキーボードとして、日本でよく使われるJIS配列のキーボードではなく、US配列のキーボードを利用しています。

US配列のキーボードの欠点として、日本語入力が考慮されていないため、Windowsでは全角半角キーや変換キーなどがありません。変換キーはスペースキーで代用可能ですが、全角半角キーによる日本語と英字入力の切り替えは「Alt+`」という2つのキーを同時に押すことで切り返します。

Alt + `での切り替えについて、普段の利用では問題ないのですが、Windows Terminalというソフトを使う際に、切り替えがうまく行われず、そのままではつかうことができません。そのため、切り替えのキーを「Shift + スペース」というように変更して利用しています。

このような前提条件のもと、ATOKでもショートカットキーなどを設定しました。

ATOK自体には他にも設定できる項目がありますが、そちらについてはなるべくデフォルトで使いたいということで、そのままにしてあります。

ショートカットキーの設定

現在、私が行っているATOKの設定は次のものになります。

  • 日本語入力ON/OFF
    • 文字未入力から記号入力まですべて: 「Shift + スペース」
  • 再変換
    • 文字未入力: 「Shift + Ctrl + Space」

なるべくならば、後々のメンテナンスも考えて、ショートカットを変更しない方針でいるのですが、これらだけは変更しています。

Shift + スペースについては、既に他のショートカットキーとして割り当てられているのですが、それは変換中に変換候補を上に戻すというもので、私はあまり使っていなかったため、日本語入力ON/OFFに割り当てています。

ATOKはとても機能が多く、私自身全てを使いこなせているわけではありませんが、もしかすると他にもショートカットキーを変更した方がよさそうなものがありそうですが、それについては今後発見次第変更していくつもりです。

さいごに

ATOKを使っていて嬉しいのは、リフレッシュナビというキーボード入力を監視して、疲れているかどうか、一ヶ月のタイプ数を教えるなど振り返りができるという点です。

快適なATOK利用ライフを目指して日々活用していければと思います

タイトルとURLをコピーしました