ブログのConoHa Wingへの移行と設定について

スポンサーリンク

概要

このブログはWordPressを利用して運営しているのですが、WordPressを動かしているサーバーとしてConoHa Wingを利用することにしました。

私がConoHa Wingへの移行した流れについて説明していきます。

スポンサーリンク

ConoHa Wingとは

最初に、ConoHa Wingはどのようなものなのか説明します。

ConoHa Wingは、GMOという会社が運営しているレンタルサーバーです。国内最速と宣伝しており、値段は他のレンタルサーバーと同じくらいとなっています。

超高速レンタルサーバーならConoHa WING|初期費用・最低利用期間なし
【国内最速】の超高速レンタルサーバーConoHa WING!最新の高性能サーバー・超高速SSD・高速化技術で圧倒的な速さを実現。高い安定性を誇り、サーバー稼働率99.99%以上を保証します。WordPress簡単インストールや無料独自SSLなど、Webサイト運営にかんたん便利な機能も多数ご用意。安心してお使いいただけま...

他のレンタルサーバーと同じように、WordPressの設定は簡単にできるようになっており、このブログを移行するということであれば、良い選択肢と言えそうです。

さらに、ConoHa Wingは、初期費用が掛からず1時間ごとに支払いをするという方法であるので(他にも、あらかじめ長期で利用するのであれば、一括前払いで安く利用することもできます)、無償で試用できるというわけではありませんが、満足できないときにはすぐにやめやすいです。

スポンサーリンク

ConoHa Wingを選んだ理由

様々あるWordPressが動かせるレンタルサーバーの中で、ConoHa Wingを選んだのは、速度が大きな理由です。また、同じGMOが運営しているConoHaというVPSのサービスがあり、それを利用しているため、ConoHa Wingとアカウントを共有でき、管理の手間があまりかからないというのもありました。

さらに、ConoHa WingにはWordPressを他のサービスから移行することができる機能があったため、移行がしやすそうというのもありました。しかしこれについては、実際にやってみたらうまくいきませんでした。

スポンサーリンク

WordPressの移行

最初に、ConoHa Wingの機能としてあるWordPressかんたん移行機能を利用して、既存のWordPressからデータを移行しようとしました。

しかし、この方法では「予期せぬエラー」が発生して移行することはできませんでした。エラーが出た後には、プラグインが原因かと思い、プラグインを無効化したり削除したりしてみたのですが、それでもうまくいきませんでした。また、バックアップファイルなどのファイルが大量にあるために移行に失敗するという話もあったので、いらないようなファイルを削除したりもしましたが、エラーが発生しました。

最終的に2から3時間ほどエラーと格闘してみたのですが諦めました。そこで利用したのがWordPressの「All-in-One WP Migration」というプラグインです。

All-in-One WP Migrationでは、現在のWordPressのデータのバックアップができるので、それを移行先にもっていくことで移行できます。実際にやってみると、バックアップのファイルが大きいので、PHPの設定やWebサーバーの設定を変更する必要があるので注意が必要でした。しかし、これ以外では難しいことはなく、かなり簡単に移行ができました。画像や記事、プラグイン、設定などが、ちゃんと移行できており、とてもよくできたプラグインでした。

スポンサーリンク

設定

移行後は、セキュアに通信がしたいのでSSLの設定をしました。Conoha Wingでは、無料独自SSLという名前の機能として無料でSSLの設定ができます。今回はこれを利用して設定しました。

私はConoHa Wingを独自ドメインで利用しているため、DNSの設定を変更してConoHa Wingのサーバーを指し示す必要があります。これは、無料独自SSLでも同じで、DNSの設定が適切でないと機能しません。

例えば、example.comというドメインを使用する場合は、example.comとwww.example.comというふたつについてサーバーのIPアドレスを設定する必要があります。私は最初example.comの方だけ設定してしまい、無料独自SSLの設定がうまくいかないと悩んでいました。

ちなみにですが、無料独自SSLの設定が有効になるまでには時間がかかります。私の場合は5時間ほどかかりました。

スポンサーリンク

エラーの発生

ConoHa Wingに無事移行した後、少しの間使っていると、リダイレクトループが発生するようになりました。

エラーの原因が分からず悩んでいたのですが、ConoHa Wingのコンテンツキャッシュの設定を変更することで、このエラーがおさまりました。設定の変更前は「ON(すべてのコンテンツ)」でしたが、変更後は「ON(静的コンテンツのみ)」にしてあります。

もし、ConoHa Wingでエラーが発生した場合はこの設定を見直すとよいでしょう。

スポンサーリンク

使い勝手

元々、WordPressは自宅のサーバーを利用して利用していたのですが、ConoHa Wingに切り替えたあとは、管理画面の反応がとてもよくなりました。やはり、ちゃんとWordPress向けにチューニングされた環境として用意されているというのが良いのかと思います。

ConoHa Wingへの不満は現在のところありません。強いて言うならばもっと安い方がうれしいというくらいです。

スポンサーリンク

さいごに

WordPressかんたん移行機能が使えなかったり、デフォルトの設定でエラーが発生したりと、困惑した場面はありましたが、今は安定して動いています。

エラーが発生して困っている人の参考になったり、ConoHa Wingの利用を悩んでいる人の参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました