mac用に一度手放したeGPUを再度購入した

スポンサーリンク

概要

私は、一時期mac mini 2018でeGPUを利用していたのですが、あまり使わなくなったということで、eGPUを手放しました。

しかし、最近になって、またeGPUを購入しました。

ここでは、なぜまた改めてeGPUを購入したのかについて書きました。

スポンサーリンク

環境

  • mac mini 2018
スポンサーリンク

eGPUを手放すまで

eGPUをそもそも利用していたのは、mac mini 2018のグラフィック性能があまり良くなく、ブラウザでのWebページの閲覧や、日々のちょっとした作業で動作に少しの遅れを感じたというのが大きな理由です。

しかし、eGPU自体は有線で直接つがう必要があり、少しmac miniを動かした際に、接続が切れてしまうということがたまにあり、ストレスの原因でした。また、動作は確かに機敏になったのですが、基本的にそれだけで、eGPU自体を活用できている感じが全然ありませんでした。

そのため、eGPU自体を一度手放し、多少の動作の遅れは我慢することにしました。

改めてeGPUを購入した理由

今回、一度手放したeGPUを改めて購入した一番の理由は、mac miniでの動作の遅れがとても気になるようになったというものです。

通常の操作では、あまり気にしていなかったのですが、Adobeのソフトを利用していて発生する動作の遅延や、Blenderという3DCGソフトを使っていて感じる動作の遅さなどが原因です。

mac miniは創作物を作るために利用しているのですが、上にあげたようなソフトが快適に動かないというのは致命的でした。eGPUを手放す前から気づければ良かったのですが、その頃はこのようなソフトをあまり使っておらず、効果を実感できていませんでした。

購入したeGPU

今回購入したeGPUは、フリマサイトから購入したものになります。

フリマサイトで、「eGFX Breakway Box 350」と「Radeon RX580 8GB」のふたつを購入しました。macではAMD製のGPUしかドライバが提供されていないため、Radeonを購入し、eGPUのボックスとしては、電源が小さいので利用できるGPUは限られますが、安価だったeGFX Breakway Box 350を購入しました。

さいごに

私は、mac miniをマルチディスプレイの環境で利用しています。モニター数は3つで、1台は4K、残りの2台はフルHDのモニターです。

いままでは、動作に多少の遅延があったのですが、それらがなくなり、とても快適になりました。

Macbookなどでは、eGPUが邪魔で利用しなくなり、手放したという利用者の記事がいくつか見当たりますが、mac miniでは据え置きで利用していることがほとんどですので、そのようなことはなく、基本的に置きっぱなし、接続しっぱなしで利用しています。

もしも、グラフィック周りの動作で悩んでいる人は、eGPUの購入を検討してみるのはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました