メールアドレス間でメールを移動する方法(Thunderbird版)

スポンサーリンク

概要

メールアドレスをたくさんもっているという人は多いのではないでしょうか。

私も複数のメールアドレスをもっているのですが、それらのメールアドレスを管理するのが面倒になり、統合したいという気持ちが大きくなってきました。

しかし、統合時には既にあるメールも一緒に統合したいです。

ここでは、メールアドレス間でのメールの統合について説明します。

スポンサーリンク

環境

  • macOS Monterey 12.2
  • Thunderbird 91.5.1
スポンサーリンク

メールの統合

メールアドレスをまとめる場合に、できれば使わなくなったメールアドレスを削除したいです。そのようなときは、既に送られてきたメールも含めてまとめたいところです。

Gmailでは、「他のアカウントのメールを確認」という機能を使って、メールを一つのメールアドレスに移すことが可能ですが、他のサービスではできません。

今回は、こちらの機能を使わずに、Thunderbirdを使います。

Gmailでの「他のアカウントのメールを確認」での失敗

実は、今回移したいメールは、どちらもGmailのメールアドレスでした。そのため、Gmailの機能を使えば簡単に終わるだろうと考えていたのですが、うまくいきませんでした。

この理由として、過去に一度「他のアカウントのメールを確認」からメールを写したことがあったことが原因でした。さらにいうならば、「取得したメッセージのコピーをサーバーに残す」にチェックを入れていなかったことが原因です。

これにチェックを入れずにメールを移した場合、過去に取得したメールを再度同じように設定したとしても、取得することができません。GmailのWebやアプリからアクセスした場合はメールが消えていないので、メールを削除したように見えませんが、同じ機能を使ってアクセスする場合は、既に消えているものとして、取得できないという仕様のようです。

これにはまってしまったために、私は今回こちらでのメールの移動は諦めました。

Thunderbirdを利用する方法

別の方法として、Thunderbirdというメールクライアントソフトを利用する方法があります。

こちらは、パソコン上からメールをコピーもしくは移動することができます。

方法はとても単純です。最初に、Thunderbirdをインストールします。

Thunderbird — メールを簡単に。
メッセージの高速全文検索、タブ表示、アーカイブ。設定も簡単で、カスタマイズ自由自在。そんなメールソフトが Thunderbird です。

次に、Thunderbirdを起動して、統合するメールアドレスの設定をします。つまり、Thunderbirdに2つのメールアドレスの設定をします。

設定後は、メールの移動もしくはコピーをします。これは、コピーもしくは移動をしたいメールを選択後に右クリックから「メッセージをコピー」もしくは「メッセージを移動」から、コピー先もしくは移動先をクリックします。

コピーや移動するメールの数が多いと、とても時間がかかるので、メールが多いときは、しっかりと時間をとってからやった方がよいです。私は約18000件のメールを移動させた場合に、5時間ほどかかりました。

これで、作業は終わりです。

さいごに

Thunderbirdというものは知っていたのですが、このような使い方ができるというのには驚きでした。メールについて、Thunderbirdがあればなんでもできそうです。

タイトルとURLをコピーしました