Xcodeを外付けストレージにインストールする方法と設定

スポンサーリンク

概要

iOSアプリなどのApple製品のアプリを作成するには、Xcodeを利用する必要があります。

Xcodeをインストールすることで、コードを書いたり実行したり、アプリストアへのアップロードなど様々なことをすることが可能ですが、できることが多いせいかサイズが10GBを超えており、ストレージを圧迫してしまいます。

そこで、今回Xcodeを外付けのSSDストレージにインストールしてみましたので、その方法とインストール後の設定について説明します。

スポンサーリンク

インストール方法

Xcodeは、通常macOSのApp Storeを利用してインストールします。しかしこの方法では、インストール場所を選択できず、外付けSSDにインストールできません。

そこで、Xcodeを手動でインストールします。手動でXcodeをインストールする場合は、Apple Developerサイトからxip形式のファイルをダウンロードしてインストールします。ダウンロードの際には、Apple Developerへのログインが必要です。

Sign In - Apple
Sign in with your Apple ID

様々なバージョンのXcodeをダウンロードできるので、好きなバージョンを選んでダウンロードします。

ダウンロード後は、ダウンロードしたxip形式のファイルを外付けSSDに移動します。その後、xip形式のファイルをダブルクリックすることで、展開が始まり、Xcode.appがインストールされました。

スポンサーリンク

既存のものを移動する場合

もし、すでにインストールしているXcode.appを利用する場合は、Xcode.appを外付けSSDに移動させます。

移動の場合はこれでインストール終了です。

スポンサーリンク

Xcodeのパスの設定

Xcodeを外付けSSDにインストールするだけでは、まだXcodeの準備ができたとは言えません。

Xcodeのコマンドラインツールで、Xcodeの場所を教えてあげる必要があります。

次のようにコマンドを実行することで、Xcodeの場所を指定することができます。

sudo xcode-select --switch /***/Xcode.app

パスは、適当なものに変更して実行します。

ちなみにxcode-selectコマンドは、Xcodeの複数のバージョンを切り替えたりするときに利用するコマンドです。

これでXcodeの設定が終わり、Xcodeを利用できるようになりました。

スポンサーリンク

さいごに

Xcodeは、単純にファイルを移動させるだけではダメなようです。

また、そもそもこんなことをしないといけなくなったのは内蔵ストレージが少ないせいです。Apple製品で内蔵ストレージが小さいものはあまり購入するものではないかもしれません。次にApple製品を買う時は、内蔵ストレージの大きなものを購入したいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました