macOSのRでパッケージをインストールできない

スポンサーリンク

概要

M1を搭載したMacbbook ProでR言語の環境を構築していたのですが、パッケージのインストールでつまずいてしまいました。

ここでは、パッケージのインストールでつまずいた原因と解決方法を紹介します。

スポンサーリンク

環境

  • MacBook Pro M1
  • R 4.2.1
スポンサーリンク

問題について

私はHomebrewを使って、Rのインストールを行ったのですが、とてもスムーズに終わりました。

しかし、Rのパッケージをインストールしようとしたら次のようなエラーメッセージが表示され、インストールできませんでした。

> install.packages('tidyverse')
 パッケージを ‘/opt/homebrew/lib/R/4.2/site-library’ 中にインストールします 
 (‘lib’ が指定されていないため) 
 警告:   リポジトリー http://cran.md.tsukuba.ac.jp/src/contrib に対する索引にアクセスできません :
   URL 'http://cran.md.tsukuba.ac.jp/src/contrib/PACKAGES' を開けません 
 警告メッセージ: 
package ‘tidyverse’ is not available for this version of R

A version of this package for your version of R might be available elsewhere,
see the ideas at
R Installation and Administration
R Installation and Administration

パッケージが置かれているサーバーにアクセスできていないようです。ここではパッケージとしてtidyverseをインストールしていますが、他のパッケージでも同様のメッセージが表示されます。

解決方法

サーバーに接続できていないのが原因のようです。そこで、Rの公式ミラーサーバーを調べて別のミラーサーバーに接続するようにしました。

ミラーサーバーのリストはこちらです。基本的に一番近いところを選択するのが良いので、日本に住んでいるのであれば、日本のミラーサーバーを選択するのがよいです。

CRAN - Mirrors
# 山形大学のサーバーを選択
> options(repos='https://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/pub/cran/')

options関数を使ってサーバーを選択します。インストール前に毎回実行するのが面倒な場合は、.Rprofileファイルにそのまま書き込むことで対応できます。

この後はいつも通りパッケージをインストールできました。

さいごに

最初はインストールがうまくできなかったということだと思い、何度かインストールをやり直したり、設定を見直したりしていました。Apple Siliconを搭載したmacだから、問題が発生してしまったと思っていました。しかし、まさかサーバーにアクセスできないという理由だと思わず、原因の特定に時間がかかってしまいました。

タイトルとURLをコピーしました