プロバイダをSo-netにしてv6プラスを利用したら速くなった

スポンサーリンク

概要

最近、自宅の固定回線のプロバイダをSo-netに変えました。正確にいうと、フレッツ光を使っていたのですが、光コラボのSo-net光に変えました。変えた当初は、夕方や夜にかけて通信速度が低下してとても満足に使える状態ではなかったのですが、v6プラスを利用した結果、それが改善しました。

ここでは、私がSo-net光に変えるまでと、v6プラスを契約して使うまでを書きます。

スポンサーリンク

プロバイダ変更の理由

私は前まで、フレッツ光でプロバイダとしてAsahi-netを利用していました。私の地域だけかもしれませんが、Asahi-netは夜でも昼でもおよそ200Mbps以上の速度が出ており、とても快適に使うことができました。元々Asahi-netを使っていた理由は、自宅のサーバー用に固定IPアドレスを使いたいということで安く固定IPサービスを使えるプロバイダを選んだというのが理由です。しかし、現在自宅でのサーバーをやめてしまったので、あまり意味がなく、せっかくならばプロバイダを変えようと思っていました。

また、他にも変えた理由として、携帯電話としてauを利用しているのでauスマートバリューなどの割引を使えるプロバイダとしてSo-netを選んだというのもあります。

スポンサーリンク

So-netの申し込みと工事

私はSo-netの申し込みは、インターネットからやりました。インターネットに必要な情報を入力後、申し込みが完了し、数日後にSo-netの工事事務局から電話がかかってきました。電話の内容は、auスマートバリューを申し込む関係で、固定電話をひかり電話に変更する工事を行うということでした。私の場合はKDDIの固定電話を利用していたため、一度NTTに電話番号を移管するという工事を行うようでした。およそ4週間後の日付が公示日となりました。

工事は、非立ち会いの工事であったので、自宅には誰も来ることなく、私の方でフレッツ光の時から使っていたひかり電話の機能が元からついていたONUに、前日の夜から固定電話を繋ぐだけでした。

工事日だからといって、インターネット接続が止まるということはなく、そのままインターネットを使うことはできていました。工事の完了はその日の18:00ごろにメールで届きました。

スポンサーリンク

工事後と設定

工事が終わった後は、自分でプロバイダの設定をする必要がありました。設定に必要な情報はハガキで届いていたので、そちらをONUに付属するルーター機能にアクセスして情報を入力しました。

設定後に困ったこととして、固定電話が繋がらないということがありました。何度も固定電話に繋いでいる電話線を抜き差ししていたのですが、一向に繋がりませんでしたが、こちらは、ONUのリセットを行うことで解決しました。

この他にも、もう使うことはないためAsahi-netの解約も行いました。

スポンサーリンク

PPPoE接続の感想

通常、単純にルーターに接続の情報を入力して接続する場合、PPPoEという方法で接続しています。こちらは日中やあまり他の人が利用していない時間帯では、快適に利用できたのですが、夕方から夜のインターネットの利用者が増える時間帯になると下り10Mbpsなどと、とても通信速度が遅くなってしまうとことに気づきました。上りの速度は100Mbpsを超えていたため、おそらくプロバイダの方で通信が増えて輻輳が発生している可能性が高いです。

流石にこれでは使いにくいので、So-netでは無料で使うことができるv6プラスというものを使うことにしました。

スポンサーリンク

v6プラスの設定

v6プラスは、So-netの申し込み時に通常であれば自動で申し込みがされるのですが、私の場合は申し込みをしていませんでした。そこで、So-netの会員ページからv6プラスの申し込みをしました。

この時、v6プラスの申し込みが3日以上経っても完了せず、サポートにチャットで問い合わせました。その結果、Asahi-netの方で、IPv6の接続サービスが残っていたのが原因と言われたため、Asahi-netの会員ページからIPv6の接続サービスを解約しました。この作業をすぐに完了して、作業をした当日のうちにv6プラスの申し込みが完了しました。

今回v6プラスの設定は、ONUのルータの方で対応していたので、そちらを使うことにしました。v6プラスの設定で感動したことは、何もしなくても設定が完了しているということでした。そのため、何か設定情報を入力したわけでもなく、気づいたらv6プラスで接続されていました。もし接続されていない場合は、電源を入れ直したりすると良さそうです。

v6プラスの欠点として、グローバルIPv4アドレスを複数の利用者で共有するためIPv4アドレスを指定して通信することが難しいということと、接続先がJPNEというSo-netとは別の会社を経由するということですが、私の場合はあまり欠点として感じていなかったので、今回利用することとしました。

スポンサーリンク

v6プラスの感想

v6プラスの利用後、通信速度に悩まされるということは無くなりました。スピードテストで確認したところ、夕方や夜でも上り下り共に200Mbps以上の速度が出ているため、不満はありません。

唯一の不満は、v6プラスの設定をONUのルーター以外でできないということですが、これは調べたところSo-netに連絡をすることで、v6プラスに対応した自前で用意したルーターでも利用できるようになるらしいです(すぐに利用できるわけではないようなので、ちょっと面倒ではありますが)。

スポンサーリンク

さいごに

So-netは通信速度が遅いという書き込みが多いですが、v6プラスにすることでとても改善しました。v6プラス自体は、他のプロバイダでも利用できることがあるため、もし通信速度に悩まされており、プロバイダがv6プラスに対応しているのであれば、利用を検討してみると良いかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました