gitignoreを追加後に大量のファイルをまとめて除外する方法

スポンサーリンク

概要

Gitを使ったソースコードの管理で、後から.gitignoreを追加した際に除外することにしたファイルが数え切れないくらいありました。

そのようなときに一気にファイルを除外する方法について紹介します。

スポンサーリンク

方法

私が今回紹介する方法は、少々強引な方法となります。流れとしては、一度全てのファイルを除外した後に、除外されていないファイルを追加し直すというものです。

最初に.gitignoreファイルをプロジェクト内に配置した状態にした後に、全てのファイルをリポジトリから削除します。

git rm --cached -r .

次に、除外されていないファイルを追加します。このときに.gitignoreで除外されていないファイルで既にコミットされているものはStagingに追加されずに、除外されるファイルはdeletedとなります。

git add .

最後にコミットをするのですが、その前に除外されるファイルとコミットされるファイルを確認します。--ignoreオプションをつけることで、確認することができます。

git status --ignored

最後にコミットをします。

git commit -m "Commit messages"

これで.gitignoreで除外しているファイルを一気に除外してコミットをすることができました。

スポンサーリンク

さいごに

普段あまり使うことのないフレームワークを使ったプロジェクトの場合、どのようなファイルを除外するべきか分からず、最初から.gitignoreファイルを完璧に作成することは難しいです。

そのような場合でも、今回紹介する方法をすることで、除外するべきファイルをもらすことなくまとめて除外することができました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました