SafariとVivaldiでSpeedometer2.0を実行した結果

スポンサーリンク

概要

最近、ベンチマークというものに興味があり、色々と実行しています。

今回は、macOS上でSafariブラウザとChromium系のブラウザであるVivaldiでSpeedometer 2.0を実行した結果を紹介します。

スポンサーリンク

実行環境

ベンチマークを実行した環境は次です。パソコンの環境とブラウザの環境について記しました。

  • mac mini 2018 i7-8700B
  • macOS Monterey 12.3.1
  • Safari 15.4 (17613.1.17.1.13)
  • Vivaldi 5.1.2567.73(Chrome/98.0.4758.141)
スポンサーリンク

ベンチマークについて

今回実行したベンチマークはSpeedometer 2.0です。これは、ブラウザ上で実行するベンチマークツールで、主にJavaScriptに関する性能を調べます。

Speedometer 2.0

ブラウザ上で実行するベンチマークツールは他にもありますが、こちらは実行時間が短く、JavaScriptに特化しているという印象です。

Speedmeter 2.0では、昨今のJavaScriptのフレームワークであるVue.jsやReact.jsなどを実行します。もちろん、素のJavaScriptについても確認を行います。普段のブラウザ利用では、このようなフレームワークが用いられていることがほとんどですので、かなり実利用によせたベンチマークと言えます。

実行結果

ここから、実行結果を見ていきます。

Safariの実行結果はつぎのようになりました。

Chromeと同じエンジンを利用したVivaldiの結果は次のようになりました。

この結果より、少なくともSafariの方がベンチマークのスコアが高く、性能が高いと言えそうです。

別のBasemark Web 3.0のようなブラウザで実行するベンチマークツールでは、Safariのスコアが低くなることも多いので、少し意外な結果と言えます。

おそらくですが、ベンチマークの計測方法が異なるというのが原因と思われ、Speedometer 2.0の計測方法ではSafariの方が性能が高いということかと思います。

さいごに

Safariの方がスコアが高いというのは意外でした。

タイトルとURLをコピーしました