WSL2で利用しているUbuntuのアップデート方法

スポンサーリンク

概要

WindowsではWSLという機能を利用して、Linuxを比較的簡単に扱えるようになっています。

今回はWSL2でインストールしたUbuntu環境をパッケージなどをアップデートして最新の状態にする方法を紹介します。

スポンサーリンク

環境

  • Windows 10 20H1
  • WSL2
スポンサーリンク

アップデートの流れ

WSL2でLinuxを動かしていますが、更新の流れは通常のLinuxとほとんど変わりません。

しかし、一点だけ注意点があります。それは、再起動です。

Linuxでは、shutdownコマンドやrebootコマンドなどで利用しているLinuxOSを再起動することが可能ですが、WSL2ではそのようなことはできず、Windows側から再起動する必要があります。

ここに注意をしておけば後は大丈夫です。

スポンサーリンク

アップデート方法

それでは、私がWSL2でインストールしているUbuntuを例に、アップデート方法を説明していきます。他のOSを動かしている場合は、適宜読み替えてください。

sudo apt update
sudo apt upgrade -y

1行目のコマンドで最新のパッケージを取得し、2行目のコマンドで古いパッケージを使っている場合は更新をします。

その後、更新したパッケージの中には、再起動を必要とするものがあるかもしれません。Ubuntuの場合は、/run/reboot-requiredファイルがあるかどうかで確認もできますが、OSによってはこのようなことができないこともあります。そのため再起動も一緒にしておきます。

WSL2で動かしているOSの再起動は、Windowsから行う必要があります。そのためWindowsでコマンドプロンプトもしくはPowerShellを起動します。

起動後は、次のコマンドを実行して再起動したいWSL2環境の名前を把握します。

$ wsl -l -v
  NAME                   STATE           VERSION
* Ubuntu-20.04           Running         2
  docker-desktop         Running         2
  docker-desktop-data    Running         2

今回再起動したいものは、「Ubuntu-20.04」となります。この部分はそれぞれの環境に合わせて変化しているかと思います。

最後に、再起動を行います。

$ wsl -t Ubuntu-20.04

これで、再起動ができました。Ubuntu-20.04の部分は、調べたWSL2の環境の名前で置き換えて実行してください。

このような方法をやることで、WSL2のOSを最新の状態にできました。

スポンサーリンク

さいごに

WSL2でも、Linuxの環境をアップデートするのと、ほとんど同じ方法で最新の状態にできます。しかし再起動については、通常の方法ではできないので注意が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました